ポット苗から育てるさつまいもは来シーズンへ持ち越し!

スポンサーリンク

2018年、さつまいも栽培に出遅れてしまいました。

スーパーで見つけたポット苗で挿し苗を作って間に合わせようと思いましたが、やはり実らず…!

 

せっかくなので来シーズンでの栽培に向けて苗をこのまま育成させていこうと思います。

 

 

購入したポット苗

根はしっかり張っており、元気な苗でした。

f:id:gu-gu-life:20180903112753j:plain

 

葉っぱや茎の状態も良好です。

しかしこれを挿し苗にするには節目が少なく小さいです。

f:id:gu-gu-life:20180903112827j:plain

f:id:gu-gu-life:20180903112829j:plain

ポット苗からは通常、さつまいもは栽培できません。

ここから7~8枚の葉をつけた茎から葉を摘み取って、節から根を出したものを、挿し苗として使用します。

 

 

さっそく植えて苗を育てます!

2018年の5月下旬にポット苗の育成をするために、地植えを始めました。

 

通常はゴールデンウィークの前後の挿し苗が販売されており、それを梅雨入り前に植え付けます。

7~8月ごろの暑くなる時期に葉が茂ります。そしてその生い茂った葉が甘くておいしい芋が実らせるので、それまでには何とか苗が育つといいな~と思っていましたが…。

 

 

植え付け時点(5月下旬)

f:id:gu-gu-life:20180903113506j:plain

 

植え付けから1カ月後(6月下旬)

f:id:gu-gu-life:20180903113509j:plain

・・・ダメそうです!

2018年は間に合いませんでした~涙

 

できていたら袋栽培にチャレンジしようと思っていたのですが、こればっかりは仕方がない。

このまま苗を移動させて、来年の5月までに挿し苗として育てようと思います!

 

 

>>続きはこちら

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

 

★関連記事

スーパーのお芋を種いもにしてさつまいもを育てる方法

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

秋じゃがいもの植え付け時期は?春じゃがいもとの違いは?

gu-gu-garden.hatenablog.com