栄養価の高いモロヘイヤで暑い夏を乗り切る!苗から育ててみる

スポンサーリンク

気温が暑くなってから栽培を始めるモロヘイヤ。

「スペースが空いてるし、もう1種類、夏野菜を育てたいな~」と言う時にモロヘイヤはいかがでしょうか?

 

栄養価も高く、生命力も強いので、暑さで他の野菜たちが弱ってきていてもメキメキ育ち、収穫できるお野菜です。

 

 

苗の植え付け

苗の植え付けは6~7月ごろ。

種から育てる場合は7枚ほど葉が付いた状態のものを植え付けると良いそうです。

f:id:gu-gu-life:20180904081218j:plain

あまり早くに植え付けると花が早く開花してしまうそうです。

 

 

種から育て手も良かったのですが、初めての栽培なので収穫が多くても困るかな?と思い、ホームセンターで2ポット購入してきました。

f:id:gu-gu-life:20180904081221j:plain

以前、テレビで栽培&収穫の様子を見ていたら、比較的元気に育ち、収穫も2~3日ペースで楽しめそうな様子だったので、今回は苗から育ててみました。

 

 

追肥は1カ月弱後・摘芯して脇芽を育てよう!

植え付けてから1カ月弱で追肥を行います。

f:id:gu-gu-life:20180904081224j:plain

株が30センチほど伸びたら摘芯して、脇芽をたくさん育てます。

そのままにしておくとどんどん株が上に上に育ってしまい、硬くなってしまうそうです。

柔らかい葉や茎が美味しいので、大事な作業ですね。

 

乾燥すると生育が悪くなので、乾燥しない程度に水やりが必要です。

 

 

草丈が50㎝丈程になったらいよいよ収穫

f:id:gu-gu-life:20180905093949j:plain

台風の後で株が倒れてしまっておりますが…

 

わが家では8月ごろから収穫できるようになりました。

 

3~5日に1回、収穫を楽しめています。

先端から10センチ程のところで手で摘み取って収穫します。

f:id:gu-gu-life:20180905094031j:plain

 

摘み取った先から脇芽が出るので、長く収穫が楽しめます。

f:id:gu-gu-life:20180907130451j:plain

 

ご飯にかけて食べたり、おひたしを楽しむならもう1株増やしてもいいかな~?

と来年に期待です♪

 

私の超オススメはケンミンショーでも紹介されていたモロヘイヤ丼♡

f:id:gu-gu-life:20180907130848j:plain

 

 

種には毒があるので要注意!

お花が咲いたら収穫は終了のサインです。

f:id:gu-gu-life:20180905094113j:plain

そのままにしておくと毒のある種ができてしまいます。

 

わが家には小さい子がいるので、お花が確認できた時点で、できる限り早めに撤去したほうがよさそうですね・・・。

 

もっと積極的に脇芽を育てるように摘み取っていければよかったのですが、上に上に育ってしまい、2018年は早くもとう立ちです…涙

 

 

2018年に初チャレンジのお野菜!初心者でも大成功でした♪

余り手がかからず、収穫が楽しめる野菜!と言う印象でした。

よりおいしいモロヘイヤを収穫しようと思うと、土の管理や肥料の管理、日当たりなどもっと考慮する方がいいのかもしれませんが…。

 

それでもあまり手をかけずに収穫が楽しめています。

そういう意味では初心者さんでも比較的育てやすい野菜かな~?と感じています。

 

 

2019年の夏野菜でも再チャレンジしようと思います!

 

 

 

 

★関連記事

9月下旬もまだまだ収穫が続いています! 

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

収穫が長い野菜。初心者でも意外と収穫できるかも!? 

gu-gu-garden.hatenablog.com