苗から育てたパプリカ栽培。収穫までに時間はかかるけど、収穫期間が長いのでお勧め野菜!

スポンサーリンク

2018年は初めてパプリカにチャレンジした年でした。

 

スーパーで売られている所やテレビで料理されている所を見て、なんて見栄えのいい野菜なんだろう…!と憧れを持ちつつも、少し割高な気がして、なかなか手が出せずにいました。

 

せっかくなら自分で栽培してみよう!と思いチャレンジです。

 

ピーマンよりも収穫までに時間がかかり難易度が少し高めと言われていますが、初心者の私でも今年は収穫に至りましたよ♪

 

 

苗の植え付けは5~6月!

種から育てる場合は2月下旬から4月上旬ごろ。

しかしパプリカってそこまでたくさん収穫ができても、メイン食材にはなりにくいので私は2苗で育てることにしました。

色は赤と黄色で育てることに♪

f:id:gu-gu-life:20180905160607j:plain

苗は…

・緑で肉厚な葉に、葉先までピンとしているもの

・病気や虫が付いていないもの

・節目がしまっているもの

等を選ぶとよいそうです。

 

若干、私が選んだ苗は節目があきがちですね…。

 

野菜の苗は複数の苗を見比べて選んでいるうちに「元気そうなもの」が感覚でも分かるようになると思いますよ♪

 

 

1カ月もすればつぼみが付いて実のふくらみが始まります!

f:id:gu-gu-life:20180905161121j:plain

これは苗を植え付けてから約2週間後。

植え付け時より苗がシュッと経っていて、地中で根を張っているのが分かります。

 

そして植え付けから約1カ月後。

f:id:gu-gu-life:20180905161126j:plain

乾燥した時には水やりを、肥料は約2週間ごとに追肥していきます。

高温多湿も苦手なパプリカですが、乾燥すると尻腐れの原因にもなったりするそう…。

 

とはいうものの、さほど神経質にならず、土や葉の状態を見つつ、水やりをすればいいのかな~と♪

 

緑の実がなりだしましたね!

f:id:gu-gu-life:20180905161127j:plain

ここから赤や黄色になるのに1カ月ちょっとかかります…!

 

この実がなってからの時間差がピーマンと比べると難易度が高い点かもしれません。

その間にも天候によって病害虫の被害を受けたりしますしね…汗

 

★2018年は雨が少なく猛暑の夏だったこともあり「日焼け果」になってしまいました…。

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

 

 

じっくり待って収穫!収穫ペースは遅くとも、収穫期間は長い!

早ければ6月下旬。

長ければ10月ごろまで収穫を楽しめるのがパプリカのいいところです。

f:id:gu-gu-life:20180905161131j:plain

 

現状、9月時点でまだまだ実がなって、色づき始めています。

f:id:gu-gu-life:20180907130340j:plain 

f:id:gu-gu-life:20180907130338j:plain

 

こちらは2018年の台風21号の後の様子ですが、強風で疲れ気味の様子ではあるものの、まだ行けそうです!

f:id:gu-gu-life:20180905161134j:plain

ちなみに左が黄色、右が赤色です。

やはり、右の苗の方が元気に育っていますね!苗選び、やっぱり成長に差が出るんですね汗

 

2018年の収穫高としては黄色が5つ、赤が5つです。

上手に育てればもっと収穫が見込めるのかな?

 

それでも初めてのチャレンジなので満足、満足♪

 

 

甘いので子供でも食べやすく、カラフルで収穫も楽しい!

  

子育て時期の家庭菜園にいかがでしょうか~♪

 

 

★関連記事

2018年はミニトマトも少し実が割れてしまいました…

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

夏野菜ならこちらもお勧めです!

gu-gu-garden.hatenablog.com