玉ねぎのプランター栽培、遅ればせながらの開始

スポンサーリンク

玉ねぎ苗を購入したのがかれこれ2週間ほど前。

実家に譲るつもりだったのに、すっかり持っていくのを忘れていまして…。

 

わが家で追加で植えることにしました。

 

 

すぐに植えない時の苗の保管

①仮植えする

畑やプランター、鉢等に仮で植えてしまって、畑が準備できたら植えることもできます。

畑の準備に時間がかかり、保管期間が長くなる場合は、仮植えがお勧めのようです。

 

②新聞紙に包んで湿らせておく

新聞紙等に包んで、根を乾燥させないように常時湿らせておきます。

1週間ほどならこれで大丈夫のようです。

 

今回わが家はこの方法で2週間ほど保管しました。

茶色くなっている葉も見られましたが、痛みは少なく今のところ大丈夫そうです…

 

 

プランターへ植え付け

100均のプランターで、穴もあいたりしていますが、現役でがんばってくれています。

玉ねぎを畑に植えた時に使った敷き藁が余っていたので、こちらにも敷いておきました。

f:id:gu-gu-life:20181124183407j:plain

f:id:gu-gu-life:20181124183409j:plain

苗は細いままですが、時期にシャンと経ってくれると願っています。

 

 

2週間前に畑に植えた玉ねぎの様子

シャンと立ち上がっています。

そして植え付け時より太くしっかりしました。

f:id:gu-gu-life:20181124183355j:plain

f:id:gu-gu-life:20181124183325j:plain

 

★2週間前の苗の様子

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

 

なんだか今回はうまくいきそうな玉ねぎ栽培。

次は12月下旬と2月の下旬ごろに追肥ですね。

 

忘れずに追肥をして成長を待ちたいです。

 

 

★関連記事

gu-gu-garden.hatenablog.com