秋じゃがいものそうか病。斑点ができてしまった原因は…

スポンサーリンク

12月の中旬に差し掛かりぐっと寒くなりました。

そこで先日じゃがいもを収穫したのですが、そのじゃがいも・・・・。

 

斑点がぽつぽつとできてしまいました~!!!涙

f:id:gu-gu-life:20181210175424j:plain

 

斑点がでるのは「そうか病」

石灰や鶏糞等を多用してアルカリ性に傾いた畑で育てると、このような斑点が出てしまう「そうか病」になってしまうそうです。

参考:ジャガイモに発生する病気の症状と対策

 

ちゃんと皮をむいて調理すれば食べられるそうです。

 

 

で。

で、なんでこんなことになってしまったかと言えば、原因は私のうっかりミス。

 

 

苦土石灰と化学肥料を間違えて与えてしまった!

 わが家で使っているものとは異なりますが、見た目はこんな感じの物を使っています。

 

ね?ね??

粒状のもので色も灰色の様な茶色の様なもので、そっくりなんです。

数年前に購入したものなので、パッケージも劣化して見えなくなっており…。

棚の整理をした時に、肥料と石灰の場所を間違えておいてしまったため、何の迷いもなく「追肥」で苦土石灰をやり続けてしまっていました。

 

他の野菜たちも生育が悪のは、多分これが言原因…。はぁ。困った。

 

 

とりあえず、今回収穫したじゃがいもはちゃんと食べられるようなので、美味しく頂き、今後は間違えないように袋を移し替えて「苦土石灰!!!」「肥料!!!」と大きく描いておこうと思います(反省)。

 

 

★関連記事

gu-gu-garden.hatenablog.com