グーグーライフガーデン

お芋好きな家族の初心者向け家庭菜園日誌

春じゃがいもの発芽。プランター、袋、畑の3パターンでの栽培方法で成長は変わるかな?

スポンサーリンク

 2019年の春じゃがいもは【プランター】【袋】【畑】のパターンで育てています。

 

その中で、一部、ひょっこり可愛い芽がひょっこり顔を出してくれました。

 

 

一番手は袋栽培でした

種芋を植えてか約1ヶ月後にひょっこり発芽していました。

f:id:gu-gu-life:20190409181612j:plain

 

4袋ある中でも1袋だけ発芽が見られていたので、おそらく栽培方法による変化ではなく、芋の個人差みたいなものかな。

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

 

二番手はプランター栽培でした

小さな小さな芽で見逃しそう!

f:id:gu-gu-life:20190409181852j:plain

 

こちらも2つあるプランターのうち、1つだけの発芽でした。

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

 

今後のお世話〜芽かきと追肥〜 

芽かきは・・・

芽かきは芽が5センチほど成長してから、元気な芽を2〜3本残して引き抜きます。

ただ、袋栽培プランター栽培に関しては、なるべく芋が大きく育ってくれるように、1つの種芋につき1本の芽を残すようにしようかな。

 

追肥は・・・

芽かきをした時に土寄せをして追肥を行います。

2回目の追肥は、草丈が30センチほど成長した時に、同じく土寄せと追肥を行います。

 

じゃがいも栽培は上に上に育てていくので、土寄せは大事。

土、準備しておかないとね。 

gu-gu-garden.hatenablog.com