グーグーライフガーデン

お芋好きな家族の初心者向け家庭菜園日誌

苗から育てる秋蒔きのさやえんどう。畑への植え付けと支柱立てと開花時期。

スポンサーリンク

さやえんどうの栽培は主に2つあります。

  • 秋に種まきをして冬越しさせて春に収穫する方法
  • 春に苗を植えて初夏に収穫する方法

今回は、秋に種まきされ芽が出たポット苗をホームセンターで購入して育てています。

 

購入してきた苗が小さく、うまく育てられるか自信がない!

秋野菜がまだ残っており畑にスペースが無く時間を稼ぎたい!

そう思います、今回は大きめのプランターで成長を見守ってきました。

 

やっと畑のスペースも空いたので、いざ植え付けです。

 

 

畑への植え付け 

株間は20㎝以上開けて、それぞれの苗を植え付けました。

f:id:gu-gu-life:20190409184149j:plain

冬の間は防寒のため、敷き藁で暖かく温存しています。

マルチでも防寒(霜対策)になると思います。

この年は特に暖冬だったこともあり、畑に植え付け後かなり早いスピードで成長しました。  

 

支柱立て

縮こまっていますが、上に伸ばすと草丈は1メートルほどあります。

f:id:gu-gu-life:20190409184149j:plain 

こうなってくるとご近所さんにも迷惑がかかり、苗の育成にも悪影響なので、支柱を立てます。

支柱を立てることで苗が絡みにくく(絡むと傷んだり伸びにくい)、風通しをよくして病気にかかりにくくすることができます。

 

こんな感じで支柱を立てました。

f:id:gu-gu-life:20190409184204j:plain

四隅に4本、斜めに立て、上でクロスさせた部分に1本置いています。

 

麻紐やビニール紐でも固定させることはできますが、繰り返し使えて作業時間が短縮できるので、家庭菜園を続けるのであれば、固定金具がおすすめです。

500円程度でホームセンターで購入できます。

 

開花時期 

この年は暖冬の影響もあり、苗の成長も良く、4月に1つ目の開花が見られました。

既に開花も見られるのですが、相変わらずうどん粉病にもかかってしまっていますね汗

f:id:gu-gu-life:20190409184159j:plain

開花が見られたら追肥を行いましょう。

 

ここからどんどんさやが育ちます。身がなる時には肥料と水やりが重要になってきますね。

 

収穫は開花から約3週間ほどです。

さやが柔らかいうちに収穫すると、食感もよくおいしいさやえんどうが食べられますよ♫ 

 

収穫まであと少し!一緒に頑張りましょう〜♫

 

 

>>次の栽培はこちら

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

趣味の園芸が月360円で購読できる/

NHK趣味の園芸」「野菜だより」「園芸ガイド」など読み放題!

 

 さやえんどう栽培の工程詳細

 

▼栽培のまとめはこちら

gu-gu-garden.hatenablog.com