グーグーライフガーデン

お芋好きな家族の初心者向け家庭菜園日誌

拾ったシダローズの天日干しと剥離防止処理

スポンサーリンク

こんにちは。がっちゃんです。

 

今日は子どもたちとシダローズを拾ってきましたので、その後処理について。

f:id:gu-gu-life:20201127081248j:plain

 

 

シダローズってなに?

標高が高い地域に生息するヒマラヤ杉。秋になるとそのヒマラヤ杉に卵型の松ぼっくりでき、成熟すると頭頂部分が落ちますが、その落ちた部分がシダローズです。

f:id:gu-gu-life:20201127081911j:plain

樹齢30年以上のヒマラヤ杉の下に落ちており、古い学校、公園、森などで、タイミングが合えば拾うことができます。

 

ヒマラヤ杉はとても背が高く、枝も枝垂れるように伸びていくので、新しい施設ではあまり見かけませんね…。

ウインナーのような形の雄花が大量に落ちていたら、それが目印です。その近くに雌花の一部であるシダローズが落ちていることがあります。

 

▼拾いに行く方はヒマラヤ杉や雄花の形状はこちらでご確認くださいね。

www.uekipedia.jp

 

害虫処理「天日干し」

シダローズも害虫が混ざっていることがあるので、2〜3日晴天が続く日に天日干しを行います。

f:id:gu-gu-life:20201127082336j:plain

熱湯処理や防虫スプレーを噴霧しても良いのですが、私はいつもこの方法で済ませてしまいます。

 

乾燥によりギュッと縮こまっていたシダローズが開いていくこともあるので、一石二鳥ですね。

 

剥離防止「芯の固定」

このまま放置するとシダローズが1枚ずつバラバラになってしまうので、固定する必要があります。

 

シダローズの後ろの穴にギュッと詰め込むようにボンドを入れ、芯の穴の周りにもボンドを広げて補強します。

f:id:gu-gu-life:20201127082625j:plain

 

1日ほど乾かすとこんな感じに固定されます。

f:id:gu-gu-life:20201127082653j:plain

グルーガンでも固定されるようですが、この芯の穴が小さいので、ギュッと詰め込むにはボンドの方が扱いやすかったです。

 

 

後処理準ができたら保管&デコレーション

後処理ができたらケースなどに保管。

f:id:gu-gu-life:20201127082924j:plain

しっかりと乾燥させて、湿度の低い場所で保管しています。

 

ケースは100均で買ったプラスチックのケースを使っています。軽くて扱いやすいです。

f:id:gu-gu-life:20201127083248j:plain

煮沸消毒をしたい方は、ビンがいいでしょうね。

 

ほら、木の実も拾っておけばこんな感じで遊べますよ。

f:id:gu-gu-life:20201127083455j:plain

www.gu-gu-life.com

 

木の実の収集にはこちらの本が大活躍です。