グーグーライフガーデン

お芋好きな家族の初心者向け家庭菜園日誌

家庭菜園の苗の節約防寒対策/廃材利用で冬の寒さと風から守る

スポンサーリンク

こんにちっは、がっちゃんです。

 

スナップエンドウや絹さやなどの豆類や、寒い季節に植えて温室で育てたいトマトやきゅうり、ナスの苗など。

家庭菜園ではビニールハウスを作ることはコスト的に難しいものの、タネから育てる場合や冬でも野菜が育つよう、廃材でビニールハウスを作りました。

 

 

簡易ビニールハウス

こちらです。

f:id:gu-gu-life:20210117111554j:plain

よく農家などで見かける方法ですね。

簡易的ではありますが、冬の強い風や寒さから守るために、ビニールを被せておきます。

3〜4月の気温が安定するころに外します。

 

使うもの

f:id:gu-gu-life:20210117111905j:plain

  • 支柱
  • 土や肥料の袋
  • 洗濯ばさみ

プランターに対して大きすぎる支柱だと風で倒れてしまうので、程よい長さの支柱がいいですね。

棒であれば支柱でなくてもよくて、竹などを使う場合もあります。

 

作り方

支柱を3〜4本立てます。

f:id:gu-gu-life:20210117112112j:plain

 

あらかじめ底をカットしておいた袋を被せます。

f:id:gu-gu-life:20210117112159j:plain

袋が苗の上に被らないようにしています。

上が空いているので、雨や光は入るけど、冷たい風からは守られ、多少の防寒にもなっています。

 

設置して1ヶ月後

シーズンではないので成長は遅めですが、ゆっくりと成長してくれています。

f:id:gu-gu-life:20210204115903j:plain

 

家庭菜園は廃材も使いこなす

家庭菜園の土の袋は、遮光性のものや厚みがあるものが多く、意外としっかりしています。

f:id:gu-gu-life:20210117112324j:plain

収穫で土が減ったり、雨で流れてしまうこともあるので、土は定期的に買っています。

もちろん市販のビニールやゴミ袋も使えますが、せっかくなので廃材も活用して、節約できるといいですね。

 

趣味の園芸が月360円で購読できる/

NHK趣味の園芸」「野菜だより」「園芸ガイド」など読み放題!