グーグーライフガーデン

お芋好きな家族の初心者向け家庭菜園日誌

2月から始める種まきと室内での育成/ビーツ・絹さや・スナップエンドウ

スポンサーリンク

こんにちは、がっちゃんです。

 

2月の寒さが残る中、推奨時期より少し早めに種まきを行いました。

今回種まきしたのは

この3種類です。

 

まだまだ寒波がある2月に種まきをする上で大事なことは防寒。

一般的には発芽は15℃からのものが多く、「暖」は欠かせないものですね。

 

そこで、冬は使わないものを使って、家の中に温室コーナーを設置しました。

 

 

準備したもの

こちらのものを準備しました。家の中で育てるので、念のため新しい土を購入しました。

f:id:gu-gu-life:20210204120420j:plain

  • 種(2〜3月の種まきのもの)
  • 野菜用の土
  • ポリポット
  • 鉢底ネット
  • プラスチックの箱
  • ハサミ
  • クリアファイル
  • 油性ペン

今回は2〜3月の種まき用の野菜の種を使いました。

種まきどきをズラすと、気温などの影響で生育に影響もあります。

あくまでも今回は、種子が余っていたので時期をずらしています。

 

 \余った種の廃材で作る収納方法!これでもう植え忘れないぞ〜/

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

種まき

早速プラスチックの箱にポリポットを設置し、ポリポットの中に鉢底ネットを入れておきます。

f:id:gu-gu-life:20210204120927j:plain

種まき用のポリポットを買ってもいいのですが、私は苗を買ったときのポリポットを洗って保管しています。

節約、大事です!笑

 

ちなみにわが家は屋外用倉庫がないので、園芸用のものはこれに保管しています。 

 

座りながら作業できるのはもちろん、子供達が庭でよく遊んでくれるので、邪魔されずに助かっています!!

 

そして土を入れます。

f:id:gu-gu-life:20210204121414j:plain

土は大体このくらい入れました。

f:id:gu-gu-life:20210204121442j:plain

たくさん入れすぎると、水やりの時に種が流れてしまうことがあるので、土は7分目くらいを目安にしています。

  

そして種を蒔きます。

f:id:gu-gu-life:20210204121526j:plain

種の数はそれぞれ袋の裏面に記載されている数です。

大体2〜4個の種を蒔いて、本葉が2〜5枚出たところで、1本だちするものが多いですね。

 

豆類は鳥の被害に遭いやすいので、家の中で育ててやるにはちょうど良いですね。

 

さらに土を被せて完成です。

f:id:gu-gu-life:20210204121743j:plain

 

室内への設置

ここまでできたら、看板を立てておきましょう。

f:id:gu-gu-life:20210204121804j:plain

看板は、クリアファイルに油性ペンで野菜の種類を記載しています。

 

あと、双葉がで始めた頃に、「本葉何枚で間引きだっけ?」と忘れがちなので、次にする作業をメモしておくと楽ですね。

 

さぁ、いよいよ屋内で日当たりが良い場所に設置しましょう。

f:id:gu-gu-life:20210204122049j:plain

わが家は2階の踊り場がとても日当たりが良いので、じゃがいもの芽だしの横に置いておきます。

 

この時期はバーベキューはしないので、余っているアウトドア用の椅子を棚として使いました。

f:id:gu-gu-life:20210204122201j:plain

プラスチック容器も、家の収納で余っていたものです。

家庭菜園は、土やプランター、種にお金がかかるので、節約できるところはどんどん節約できるといいですね。

 

さて。

これからは、暖かい室内でゆっくり成長を見守っていこうと思います。

そしてまた3月に室内種まき第2弾を進めたいです♪

 

趣味の園芸が月360円で購読できる/

NHK趣味の園芸」「野菜だより」「園芸ガイド」など読み放題!