グーグーライフガーデン

お芋好きな家族の初心者向け家庭菜園日誌

そらまめの発芽で黒い斑点?シミ?その原因と対策

スポンサーリンク

こんにちは、がっちゃんです。

 

3月から家の中で種から育て始めたそらまめ。

f:id:gu-gu-life:20210313185755j:plain

栽培しているのは株式会社サカタのタネの「秋春そらまめ」です

無事に発芽したものの、本葉に黒いシミのような斑点のようなものがついていました。

 

 

そらまめの本葉の症状

黒い症状が出たのはこちらの写真です。

f:id:gu-gu-life:20210313190021j:plain

 

葉っぱの一部に黒いシミのようなものがあります。

f:id:gu-gu-life:20210313190136j:plain

 

原因

今回使用した土は新しく購入した家庭菜園用の土で、連作障害ではないと思います。

おそらく、3月の寒暖差による冷害症状かと思うので、様子見をしてそのまま成長を見守ります。

 

そらまめの栽培に必要な温度は下記の通りです。

  • 発芽適温:20℃前後
  • 育成適温:15〜20℃

 

ちなみに、今回栽培に使用した種は、温暖地域であれば1〜2月から種まきが可能です。

実際に種を蒔いたのが3月。

この辺も難しいところですね。 

f:id:gu-gu-life:20210313190842j:plain

\日の当たる室内で発芽させています/ 

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

その後の成長の様子

1週間後の様子

黒いシミのような症状を確認してから1週間後。すくすく育っています。 

f:id:gu-gu-life:20210321084101j:plain

 

根の成長も良く、そろそろ植え替えのサインですね。

f:id:gu-gu-life:20210321084204j:plain

1週間後の状態から、鉢植えに入れ替え、ベランダの簡易温室へと移し替えましたが、問題なく成長しております。

 

\ベランダで100均だけで作る簡単ビニールハウスで冬の栽培をゆっくり楽しんでいます/ 

gu-gu-garden.hatenablog.com

 

花外蜜腺との比較 

そらまめには、アブラムシを防ぐためアリを惹きつける「花外蜜腺」という黒い斑点が発生します。

おそらく、時期的な発生を考えると、写真の上側は暖かい時期に発生したので花外蜜腺で、下側が寒い時期に発生したので冷害の黒い症状かと思います。 

f:id:gu-gu-life:20210331125401j:plain

こちらは主枝を摘心したものです

 

黒い症状が出た時は、発生時期や形状、症状の大きさなどで判断していきつつも、あまり大きな被害でなければ見守りつつ、栽培を続けていくのが良さそうですね。

 

わが家のそらまめも無事に大きく育ちますように!

 

趣味の園芸が月360円で購読できる/

NHK趣味の園芸」「野菜だより」「園芸ガイド」など読み放題!